広島のあすにゃん

広島のアスリアが、日々の備忘録を書きます。

平和への願い:戦争で揺れる日常と日本の現実

録アラスジ:

エバ‧スカリエツカさんは、12歳の誕⽣⽇である2年前に記を書き始めた。2 前の今、ロシアがウクライナに侵攻し、彼は地下室に避難した。

 彼記 は、「ある、戦争がはじまった」というタイトルで出版され、その中で戦争の恐怖を伝えている。

  ウクライナのゼレンスキー統領は被爆地を訪れ、ウクライナの 再を夢ているが、国際社会はロシアの暴めることができていない。原爆 資料館はウクライナ語の声ガイドを追加し、私たちはウクライナに平和が早く訪れることを願っている。

 

コメント:

読書メーターサイトに掲載されている「ある、戦争がはじまった」の感想記事を読みました。

   ウクライナの12歳少エバはこれからの⼈⽣がずっと楽しい時間で満たされることを、純粋なで信じて疑っていなかったのだという感想がありました。

  突如として始まった戦争のために、イエバたちは悲惨な難⺠⽣活を送ることを余儀なくされました。平穏な々は変し、彼たちは避難所での活を始 め、不安定な状況下でき延びることを強いられることになりました。

  戦争の恐怖を感じつつ、彼は友たちなどと離れ離れになり、 未知の地で活することをムリヤリさせられたのです。わたしは本を読んでいませんが、糧やの不、不安定な住居状況、そして何よりも戦争の脅威に晒されながらの活は、彼を精神的にも体的 にもきく試練にさらしたということは、想像に難くありません。

 

それでも彼ち向かいました。彼記は彼の勇気と決意を物語り、わたしたちに戦争の現実と間の強さを教えてくれるのだと読者は感想に書いています。わたしはそれに共感します。

 長引く戦争で、日本も物価高です。日常生活は勇気や決断だけではやっていけません。早く平和が来て欲しいなと思う昨今です。

被災者への寄り添いと復興誓い


天風録アラスジ:
今日は天皇誕生日。筆者は4年前、天皇陛下から被爆者への伝⾔を預かった。天皇陛下被爆地への強い思いを伝え、その深い哀悼の意を明らかにした。また、天皇陛下は64歳の誕⽣⽇に⼀般参 賀を受け、この機会に令和の皇室のキーワードとして「国⺠の中に⼊り、少しでも 寄り添うことを⽬指す」という重要なメッセージを述べた。

 

 国⺠と密接な関係を築 き、彼らの悲しみや喜びを共有するという皇室の伝統的な役割である。わたしたち は、能登半島地震と東⽇本⼤地震‧福島第1原発事故の節⽬に向けて、被災者に対 する同情と⽀援の誓いを再確認しなければならない。これは、これらの災害がもたらした深刻な影響を忘れず、再び同じ過ちを繰り返さないようにするための重要な ステップなのである。

 

コメント
近年、地震災害をはじめとする⾃然災害の規模が増⼤し、その影響がますます深刻になっている現状に、とても憂慮しています。被災者の⽅々の苦しみや痛みを深く感じている陛下のご心痛を思うと、わたしたちは頭が下がる思いです。陛下の深い慈悲と共感に⼼から敬意を表します。

 

陛下は常に国⺠の側に⽴ち、その苦しみを共有されようとしています。陛下のお⾔葉には、常に「国⺠の中に⼊り、少しでも寄り添うことを⽬指す」という強い意志が感じられます。これは陛下が皇室の伝統的な役割を続けている証でもあります。

 

また、陛下の存在は、被災者の⽅々にとって⼤きな励みとなり、希望を与えています。わたしたちもまた、陛下のご尽⼒を⾒習い、被災者の⽅々に対する⽀援を続け、復興に向けた努⼒を怠らないことが求められていると感じます。

 

これからも⾃然災害がもたらした深刻な影響を忘れず、同じ過ちを繰り返さぬために、わたしたちは常に学び続け、⾏動を起こし続けるべきです。これこそが、わたしたちが陛下に対して⽰すべき最⼤の敬意ではないでしょうか。

猫駅長の物語

今日の天風録アラスジ:

先週、和歌⼭鉄貴川線貴志駅の三⽑猫駅⻑「ニタマ」に会った筆者。ニタマは先代 「たま」の後継者で、多くの観光客を集めている。「たま電⾞」は猫の絵で飾ら れ、14㌔の旅も楽しめる。岡⼭の両備グループは、この⾚字路線を引き受け、猫を 駅⻑に任命するアイデアを出した。この物語は絵本になり、ヒットした。ニタマも ⼦猫の時に保護され、駅⻑になった。中国地⽅でもJR芸備線の志和⼝では新しい猫 駅⻑「やまと」が任命され、住⺠の⽀援がある。和歌⼭電鉄は豊かなローカル線に なりたいと願い、猫駅⻑が⼈々の⼼を温めている。今⽇は「猫の⽇」、猫への感謝 の気持ちを感じる筆者である。

 

コメント

以前、わたしは⼭陰本線の⼀部である志和⼝駅に⾜を運び、その元駅⻑である猫の「りょうま」君に会いに⾏ったことがあります。

その時の感激は、今でも鮮明 にわたしの⼼に残っています。あの⽇、駅舎を訪れると、りょうま君が駅前でお出迎えしてくれました。

 

 その愛らしい姿と⼈懐っこい態度は、すぐにわたしの⼼を捉えまし た。その⽇以来、彼の思い出はわたしの⼼に深く刻まれています。

  りょうま君は、訪れる旅⾏者や地元の⼈々に対してなごやかに接し、その愛くるしいしぐさで知られて いました。彼は駅のアイドルであり、多くの⼈々が彼を訪れるために駅を訪れていた のです。地元のコミュニティにとってとても大切な存在でした。多くの⼈々に喜びをもたしていたりょうまくん。しかしいまは亡くなっています。

今年の3⽉17⽇には、新たな猫駅⻑として「やまと」が登場します。この⽇は駅を訪れる⼈々にとって特別な⽇となるでしょう。新しい猫駅⻑「やまと」が初めて公の場に 姿を現す特別な瞬間を、皆さんもぜひお見逃しなく! わたしは所用のため行けません(爆笑)

消費者に提供する驚き

アラスジ:
•「ヒャッキン」は「百均」という新語で、100円均一の店を指す。
•「ダイソー」は「ヒャッキン」の代表的な店で、創業者の矢野博丈さんは国内外に5300店を展開した。
•矢野さんは「商い」は「飽きない」という哲学を持ち、消費者に楽しみを提供した。
•矢野さんは2024年2月に心不全で亡くなった。

感想
「ヒャッキン」は、100円均⼀の店を指す新語で、⽇本の消費者⽂化の⼀部を象徴しています。

   このビジネスモデルが現れた当時、小売店は、「83円でも売れないのに、値上げして売れるのか」と思ったらしいけど、当時、自販機のコーヒーが100円だったこともあり、消費者には100円のほうが身近だったってわけ。

ダイソー」はこの「ヒャッキン」の代表的な店舗で、その創設者である⽮野博丈さんは、国内外に5300以上もの店舗を展開、多くの消費者に喜ばれました。

 ちなみに矢野さんは東広島市の出身です。東広島市の親戚が、東京のお台場にもあったことを発見し、友だちといっしょになって、
「こんなところにもダイソーが!」
と驚愕していた話を聞きました。

⽮野さんは「商い」は「飽きない」という哲学を持っており、この信念のもと、 常に新鮮でユニークな商品を提供することで消費者に楽しみや驚きを提供しま した。

⽮野さんの強烈なビジョンと努⼒の結果、ダイソーは今やただの「ヒャッキ ン」以上の存在となり、世界中で家庭⽤品、装飾品、⽂房具、⾷品、化粧品など、あらゆる種類の商品を提供しています。

残念ながら、⽮野さんは2024年2⽉に⼼不全で亡くなられましたが、彼の死後も、ダイソーは彼の精神を受け継ぎ、消費者に「飽きない」楽 しみを提供し続けています。その結果、ダイソーはただの「ヒャッキン」から⼀ 歩進んだ存在となり、多くの⼈々の⽣活に⽋かせない⼀部となっているのです。

若害と⽼害:世代間の摩擦と解決策

アラスジ:

天風録では「⽼害」と呼ばれる⼈々について触れた後、40代が「ソフト⽼害」と指摘されている。これは、出世狙いの⾏動が部下の才能をつぶしているという不満を無視していることに起因する。

 

    ただし、「⽼害」への過度な批判は反発を招く可能性があり、「若害」批判の逆襲が始まるかもしれない。放送作家鈴木おさむさんが近著「仕事の辞め方」に自戒を込めて「きちんとものを⾔ う存在は必要」と述べている。若者も意思疎通の⼤切さを理解している。先輩として昔話、自慢話、説教を避け、ソフトな物腰で覚悟と知恵が示せれば格好いいとコラムニストは結ぶ。

 

 

コメント:

各年代が互いの意⾒を尊重し、それぞれの才能を最⼤限に活かせるような環境を整えることが極めて重要のはずです。

    各世代が協⼒し、互いを⾼め合うことが可能となるからです。さらに、世代間のギャップを埋めるために、⾃分たちの経験や知識を積極的に共有することが必要不可⽋であると強く感じています。

 

  情報の共有によって、理解が深まり、より良い協⼒関係が築かれると思います。

そのため、オープンな対話の場の設定や定期的なフィードバックの時間を設けることは⾮常に重要です。

 

  それには上司の職場への理解や優れた采配が必要です。パワハラや部下への無理解などもってのほかです。対話やフィードバックにより、企業のメンバー全員がお互いの視点を理解し、誤解を解消することができます。

 

わたしが広島の職場(スーパーのシステム部)にいた頃は、対話はオープンどころか、職場の空気も悪く、上司は無能でした。

 

  上司にフィードバックをすれば、同僚から嫌がらせがあったものです。今日、そのシステム部が崩壊したと報道されました。みなさんにはこれを他山の石として欲しい。お互いを理解し、尊重することによって、より効果的なチームワークを 築くことが可能となると考えるからです。

スポーツファンの在り方

アラスジ:
この記事では、「杮(こけら)」や「柿(かき)」といった間違いやすい漢字にはじまって、サッカーシーンの問題を取り上げています。

 具体的には、杮落とし試合のあったサンフレッチェ広島の新スタジアムでのトイレ落書き事件がありました。相⼿サポーター専⽤エリアのトイレで何者かが油性ペンで落書きをしたという事件です。

 対戦相⼿であるガンバ⼤阪が発表しました。ガンバ⼤阪側はこの問題を重視、犯⼈特定に全⼒を尽くすと語りました。その毅然とした対応は評価に値します。

 昨年には浦和レッズの暴徒化したサポーターが永久⼊場禁⽌処分を受け、チームは天皇杯の出場資格を失いました。この出来事は、レッズを⼼から愛する⼈々にとって⼤きな傷となりました。これらの問題を受けて、尊敬と共感を持つサッカー⽂化の育成を強く願う筆者なのです。

コメント
 イタリアなどでは、サポーターが暴徒化するのは日常茶飯事なのだそうです。日常でも、サッカーの話題になると目の色が変わるとか。試合を見るためだけに仕事をしているという話も聞いたことがあります。

 暴徒化するほど熱狂するスポーツを応援するというのは、最近の「醒めた」若者にとっては貴重な経験になるかも知れません。

 暴徒化がいいとは思えませんし、出来ればおとなしく試合を見てほしいけど、それを言うなら野球界だって、昔はそうとうひどかったんです。たとえば70年代のカープファンだって、相当な「ワル」だった。

 ヤクザ的な観客が、汚いヤジを飛ばしたりしましたっけ。夢中になると、人は我を忘れるものですし、そういう夢中になれるなにかは、人生には必要だと思います。
 共に試合を盛り上げるライバル同士、節度を持つことは必要です。ただ、スポーツファンには飼い慣らされた羊にはなってほしくないなと思うわたしなのです。
 

 

 

情報力を養い社会を築く

アラスジ:

ロシアの反政権活動家であり、⺠主化を求める声の象徴であったナワリヌイ⽒が47歳という若さで世を去った。急逝した彼の死因について多くの疑念が持たれている。その不⾃然さが多くの⼈々の⽬を引きつけたため、国連の⼈権⾼等弁務官事務所までもが彼の死因についての調査を公式に要請している。

 

彼はこれまでにも毒殺未遂事件を経験し、身の危険を感じながらも、信念を貫くために療養先のドイツから故郷ロシアへと帰国を決意した。その結果、収監されることとなったが、彼はその状況を逆⼿に取り、刑務所内での抵抗戦⼠となる道を選んだ。

 

彼は、最後のメッセージとも⾔える動画を残した。「あきらめて何もしなければ悪が栄えるだけだ」。これは彼の⽣涯を通じる闘争精神を象徴するものであり、これからの世代に向けた強いメッセージとなったのだ。

 

感想

ロシアの状況を理解するのは、国際情勢を理解する上で重要です。わたしたちの生活が、国際問題と関わっているからです。反政権活動家ナワリヌイ⽒の闘いは、我々の権利と⾃由の尊重と保護の重要性を再認識させます。

 

情報には適切な情報の取得、理解、反応が求められます。インターネットやSNSなどから情報を得、⾃分で分析・理解する⼒を⾝につけることが⼤切になる。この例で言うなら、ロシアの状況を理解することで、この国の 政治状況や⼈々の⽣活、我々に与える影響などを把握し、適切な対応を取ることが 求められます。

 

無責任で享楽的な生活をした結果、マリー・アントワネットは断頭台の露と化したのでした。そうならないためには、わたしたちも基礎的な情報力が必要になってくるでしょう。その情報力の醸成のために、本を読むことをお薦めします。

 

本を読み、知らない価値観などに触れることで、⾃⾝で情報を分析し、理解する能⼒を⾝につけることができます。その結果、より良い社会を作り上げることが可能となるとわたしは思います。