広島のあすにゃん

広島のアスリアが、日々の備忘録を書きます。

人生100年時代の理想的存在

天風録アラスジ

明日で生誕120周年の笠智衆さんの役柄は、時代とともに変化し、その都度新たな魅力を発揮した。

    特に「男はつらいよ」シリーズの御前様役では、その独特な存在感と役者としての魅力を最大限に引き立てていた。また、彼が初めて写真集を出したのは87歳の時で、

    写真集「おじいさん」は、彼の人間性を垣間見ることができる貴重な作品となっている。それには、彼が常に落ち着きを保ち、何があっても動じない様子が捉えられていた。その姿は、今日の「人生100年時代」においても、多くの人々にとって理想的な存在と言える。

コメント

私の祖父は、生前には非常に短気で知られていて、何か気に入らないことがあると、その怒りは部屋中に響き渡る雷のように強烈で、私たち孫は震え上がってしまうことがよくありました。

     彼の激情は私たちにとって恐怖であり、その力強さは私たちを圧倒しました。

一方、笠智衆さんが演じるキャラクターは、常に穏やかで優しい老人で、その存在は周囲を温かく包み込むようなものでした。

   「ほおほお、そりゃあよかったのー」という彼の言葉は、人々の心を癒し、リラックスさせる力がありました。その穏やかさは、心地よい安らぎを与え、人々を引き付けました。

私が初めて笠さんを見たのは映画でした。どんな役名だったのかは覚えていませんが、その映画の中で笠さんが演じる穏やかなおじいさんの存在が印象的でした。

   彼が縁側で日なたぼっこをしているシーンは、その顔のシワ一つ一つから年齢によるまろやかさが感じられ、その声の張りからは深い優しさが伝わってきました。

私たちが日々生活する中で、そのような穏やかさと安らぎをもたらす存在がいることは、とても大切なことだと感じました。それは、私たちが人生を豊かに生きるために必要な、心の栄養とも言えるでしょう。