読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のあすにゃん

広島のアスリアが、日々の備忘録を書きます。

ラジオ深夜便 『昭和史を味わう:わたしの生きた昭和の時代』途中から

ラジオ深夜便『昭和史を味わう』わたしの生きた昭和の時代


だるまストーブの思い出 68歳のリスナー
 湯たんぽ。そして学校では、だるまストーブ当番になったとき、教室に早く出向いて石炭で部屋をあたため、アルマイト製の弁当箱をストーブにおいて温めた。団塊の世代だったので、沢山暖めなければならず、順番に暖めていた。いまでは便利になったが、子供のころに不便だと工夫力や忍耐力がつくのでは?

 自分史の本 76歳のリスナー わたしの記憶が描き残したい昭和
 パステル画で、戦中・戦後の子供から平成へ。
 東京大空襲の夜 の絵は、リアルで迫力がある。
 マッカーサーの出てくる朝は、東京日比谷にマッカーサーが出勤する絵

 ラスト:昭和の風よ永久に吹け 
 昭和は過酷な時代だったが、どん底から這い上がり、真面目に働いてキセキ的な復興を遂げた。今後何が起ころうと、あの時代に学べばなんとかなる! (自費出版