読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のあすにゃん

広島のアスリアが、日々の備忘録を書きます。

昭和ノスタルジークイズ 006

☆今年は1月は、月・水・金に昭和ネタのクイズを書くことにしました。
ノスタルジーに浸るとともに、脳トレを行い、
ぼけ防止に役立てて下さい。

☆ジュースのクイズです。
 今回も、ジュースや飲料の話題です。
 複数クイズを用意しました。
 解けるかな?

☆昭和40年代、缶飲料には
 ○○○用器具が突いている時期がありました。
 まだプルトップ缶ではなかったのです。

☆みかんの在庫だぶつく
 昭和40年代半ば、みかんの在庫だぶつく。
 その消費を高めるよう開発されたのは?

☆答え
 穴開け用器具。
 100% オレンジジュース。

☆雑感
  プルトップの缶ですが、
 飲み口が入り込むヤツと、
 ゴミになるやつ(プルトップの輪)とが
 ありましたよね。
 ゴミになる方は、ライノベでギャグに使われていて、
 「魔法のアイテム!」
 ファンタジー世界の周囲が盛り上がり、
 日本から来た主人公が当惑する話を読んだことがあります。
 
 ☆100%オレンジジュース
 この時代。
 人工甘味料や人工着色料という
 不健康なものが 「カッコイイ」 とされていた時代でもありましたっけ。
 それが、みかんがだぶついただけで100%オレンジジュースという
 健康志向にコロっとなるんだから、
 都合がいい話もあったモンじゃないな……。

☆最近のサンマ漁
 ここんとこサンマが捕れなくなり、最近テレビを賑わせているのは
 マグロやブリという高級魚。
 マグロやブリなどに夢中にさせて、サンマのことを忘れさせているのかねえ。
 カネや海産資源があるうちは、それもいいでしょうが、
 徐々に日本経済も海産資源も頭打ち、
 いつまで続けられるやら。
 マグロやブリだって、いつまでも獲れるとは限らない。
 経済が、いつまでも成長するなどと考えず、
 万が一のことを考えて行動するのも、
 政府のやるべき仕事のはずですが、
 ことしも経済発展が主眼です、と安倍総理
 だいじょうぶかな、日本。