読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のあすにゃん

広島のアスリアが、日々の備忘録を書きます。

トランプ勝利 と ハーバードで一番人気の国日本

昨日、『ハーバードで一番人気の国日本』 とゆー本を読みました。

2015年の発行だから、まだトランプ勝利なんて夢にも思ってない時代の

話ですね。

 

ハーバードは、日本人にいろいろ学んでいて、

その中でもトップなのは、学力の高さということだったらしいです。

ほかにも日本人の強みはありますが、今日は教育の話をします。

 

日本の高学歴の人々は、教育の成果もあるためか、

言行はやさしく、民度も高いと言われています。

その一方で、トランプ勝利に見られるように、

過激発言のひとを支持するアメリカ人もいるわけです。

 

なんでそうなるんだろうと考えたんです。

 

そしたら、あるテレビ番組で、パックン(アメリカの芸人)が、

「学校での給食は、ナチョスと、ちょっとの野菜ばかりでした」

といっているのを聞きました。

 

日本の給食のように、いろいろバリエーションがあるわけではない、

というところから見ても、

食育ということを視野に入れてないんだろうなと感じます。

 

教育の基礎である食を大切にしていない。

そこから、こころが粗野になっていくかもしれない。

そんな人たちが、トランプさんを支持していく。

 

そんな風に思うのは、ちょっとうがちすぎかな。